挿し絵ライターとは?

あなたは挿し絵ライターという職をご存知ですか?

名前は知っていても詳しい仕事内容を知らない方が多いのではないでしょうか。

挿し絵とは新聞や書籍の文章中に入っている絵のこと。
大きさが5cmから10cm四方のものです。
目にされたことのある方が多いのではないでしょうか?

挿し絵ライターはこの挿し絵を書くお仕事。
家で楽しみながら続けていける人気の在宅ワークです。

 

 

挿し絵ライターの仕事とは

挿し絵ライターの仕事とは、新聞や書籍のほか本や雑誌の中で添えられる
5〜10cm四方の絵を描くことです。

この挿し絵、「カット画」とも呼ばれています。


このカット画、実は1つの作品で4,000円から5,000円の収入が得られる

高収入ワークなんです。

→ 詳しいお仕事内容はこちら (資料をお届けします)

▲ページ「挿絵(さし絵)ライター通信講座」トップに戻る


↓↓↓仕事はどう始めるの?↓↓↓

挿絵(さし絵)ライター 仕事の受注

さし絵ライターの仕事の受注方法は 大きく分けて2つあります。

1つは さし絵制作を専門に受注する人材登録会社への登録、もう1つはフリー(個人)です。

人材登録会社への登録をした場合は、その会社から 下請けの仕事をもらうことで仕事が発生します。

それに対し、フリー(個人)のさし絵ライターでは、既存(リピーター)のお客さんや その人が立ち上げているHP経由での お客さんが多いようです。

その他に、実際に企業に自分を売り込みに行くことも、お客さんを得るのに有効な営業方法の一つです。

▲ページ「挿絵(さし絵)ライター通信講座」トップに戻る

挿絵(さし絵)ライターになるために

さし絵ライターとして収入を得るには、人材登録会社への登録、もう1つはフリーがあることが分かりました。

しかし、何の資格や経験もない状態で 誰かに仕事をもらうことはできません。

まずは6ヶ月間ほど学びましょう。

がくぶんの挿絵を学ぶ通信講座では、講座を修了したのちに「特定の技能認定試験」を合格することで、特別な人材登録会社に登録できる資格が与えられます。

「日本職能開発振興会」という人材登録会社ですが、こちらでは出版・印刷などのマスコミ業界を中心に、さし絵制作の在宅仕事を専門に受注しています。

講座修了後に、2級以上の技能認定試験を合格することで、こちらの大手人材登録会社にさし絵ライターとして技能登録できる資格が得られます。

こちらの会社に登録をすることで 仕事をもらうことができます。 


ですので、まずは学ぶことから始めましょう。

さし絵ライターの仕事は 5〜10cm四方のカット画1点で4,000~5,000円相当のお金がもらえる高収入な在宅ワークです。

▲ページ「挿絵(さし絵)ライター通信講座」トップに戻る

 

→高収入なさし絵ライターに必要な技能を学ぶ

挿絵(さし絵)ライターを通信講座で学ぶ

まず、さし絵の勉強を始めるのには 道具を揃えましょう。

水彩絵の具にポスターカラー、数種の筆(平筆や丸筆、細筆、面相筆)にパレットやドローイングペン、トレーシングペーパーに水彩画用紙といったものが必要となります。

独学で さし絵を学ばれていく際は、上記の様な道具を揃えられてから 始めてくださいね。充実した道具があることで、より幅広い表現が可能となります。


通信講座で学ぶ場合は テキストはまず、描きうつし練習や〇△□を応用したレッスンから始まります。もともと絵に自信のある方には、「どうしてこんなことから?」と思われるかもしれませんが、挿し絵では基礎が重要となります。

基礎を身に付けておくことで、後の表現力や精緻さに違いが出てきます。ですので、まずは挿し絵の基礎を、楽しみながら身につけていきましょう。


また、通信講座では プロのさし絵ライターによる添削指導を受けることができます。あなた専任の講師ですので、細かいところまで丁寧な指導をしてくれます。あなたの疑問も分かりやすく解消してくれるはずです。

挿し絵の学習に限らず 何にでも当てはまることですが、ものごとを学ぶときは その道のプロの方に学ぶようにしましょう。人の技を「まねる」ことは もっとも早い成長の手段です。

▲ページ「挿絵(さし絵)ライター通信講座」トップに戻る

挿絵ライター通信講座 かかる費用

がくぶんさし絵ライター養成講座では、費用は8ヶ月で約7万円です。支払い方法によって 71,400円か75,180円に変わります。

一見高いかな、と思われるかもしれませんが、こちらの通信講座では入会金、教材費用がかかりません。また、上に挙げたような「さし絵制作」に必要な道具がセットになっています。

受講期間を6ヶ月、無料で延長することも可能ですので、今のご自身の絵のレベルを心配する必要はありません。今の絵のレベルは気にせずに、安心して申し込んでくださいね。

 

ですので 総合的に考えて、さし絵を学ぶであれば、こちらの通信講座がオススメですよ。

他のスクールや教室で習うよりも、ずっと安心でお得です。

▲ページ「挿絵(さし絵)ライター通信講座」トップに戻る

 

→さし絵の技能はスクールよりも通信講座

さし絵ライター養成講座 無料資料請求はこちら

こちらにがくぶん さし絵ライター養成講座の 無料資料請求の申し込みフォームがあります。

ここまでお読みいただいて、きっと通信講座で さし絵を学ぶことの良さがわかっていただけたと思います。どちらの さし絵教室で学ぶにしても、さし絵通信講座で学ぶにしても安価な買い物ではないので、よく確認をしてから申し込んでくださいね。

確認をしてほしいポイントは 教材のカリキュラムが明確になっているかどうか(資料請求をすることで確認できます)、それと、講師の方から 丁寧な指導を受けられるかどうか といった点です。

 

さし絵ライターの仕事は楽しんで続けられる、在宅ワークの一つです。1つのカット画で収入が4,000〜5,000円というのも本当に魅力的ですよね。

是非 お早めに受講を始めて、受講費用の元を取れるようになってくださいね。

 

まずは資料請求をおすすめ致します。
今後のあなたの 楽しい在宅ワークにつながりますように!


無料の資料請求もあります
  「さし絵ライター養成講座

 

 

▲ページトップ「内職テープライター 文字起こしの仕事」に戻る
→ページ「主婦 家でできる仕事 内職」はこちら

 

 

→ テープライター

→ 挿絵(さし絵)ライター

→ パソコンを習う

→ 賞状書士

▲このページのトップに戻る