医療事務講座の選び方

あなたは医療事務の仕事にお持ちですか?
TVCMなどでよく聞く言葉ですよね。病院で働いている人といったイメージがあるのではないでしょうか?
こちらでは、主婦 趣味 仕事の相談所から、医療事務講座の選び方のコツをお伝えします。

T.医療事務は何をするの?

あなたが病院やお医者さんに行った時のことを思い出しましょう。

まずあなたは病院に行くと受付を済ませ、そのあと、名前を呼ばれたら先生の所に行きますね。お医者さんの前にいくと、お医者さんはあなたを診察しつつ、あなたの症状をカルテという紙に書き込みます。

診察が終わるとあなたは窓口に呼ばれ、いくらの診療費がかかったのかを記載された紙(領収書)を渡されます。そうしたら、診療は終わりです。

以上、上記の太字に関する部分が医療事務の仕事です。

医療事務のお仕事は、患者さんの受付会計、そしてあなたの症状などが書かれたカルテの管理、そして、診療費の計算レセプト(診療報酬明細書)の作成です。

U.医療事務はどんな場所でどれくらい働くの?

医療事務が働く場所は、お医者さんのいるところです。病院や診療所などで働きます。

勤務時間についてはその方の自由です!
フルタイムで働くことも可能ですし、パートタイムで午前中だけ働くことなども可能です。医療事務の仕事は一般的にシフトが自由だと言われています。
ただ、病院によっては条件も変わると思います。求人に応募するときは勤務時間や時間帯についても確認してみてくださいね。

V.医療事務はどれくらい 稼げるの?

医療事務には正社員パート派遣などの働き方があります。

正社員として働いた場合、未経験者では、15万円から18万円程度もらえるのが相場です。一般事務職と同じくらいのお給料です。
また、パートで月に7日間働くと5万円から7万円程度のお金がもらえます。時給では、東京都は少し高めで時給800円から1,000円程度のようです。派遣パートだとさらに高くなり、1,000円から高いところだと1,700円というものもあるようです。

ちなみに正社員として働く場合、医療事務のお給料は勤続年数によって増える年功給であることが多くあります。過去の調査では、職歴3年の平均年収は290万円台、職歴10年では350万円台、職歴30年では500万円台となっています。
ただ、お給料は働く病院や診療所によって変わるので、あくまでも参考にしてくださいね。

W.資格を取ったあと ちゃんと働く場所はある?

医療事務の資格を取ったあと、働く場所は確かにあります。しかも、医療事務はこれから需要が高まるといわれています。

U.医療事務はどんな場所で 月にどれくらい働くの?では、医療事務の働く場所は病院や診療所といいました。ここで質問ですが、あなたは病院や診療所が日本にどれくらいあると思いますか?
答えは、コンビニの2倍以上の数があると言われています。ということは、それだけ医療事務は働く場所があるということです。

また、日本はこれからさらに高齢化が進みます。その結果、病院の利用者も増えるため、働く側の人数も増えることになります。つまり、医療事務は今、そしてこれから、社会に求められている仕事なのです!

(また、病院があるのは都市部だけではなく、田舎や地方にも必ずあります。ですから、もしあなたが引越しをしても、きっと近くにあなたの働く場所があるはずです。)

おすすめの医療事務講座

私があなたにおすすめするのは、がくぶんの医療事務講座です。がくぶんのの医療事務講座には医科コースと歯科コースがありますが、ここでは医科コースについて説明します。

私ががくぶんの医療事務講座をおすすめする理由は、医療事務の通信講座を選ぶ際の大事なポイントが網羅されているからです。

@知識や実務に役立つ力を身につけられる
がくぶんの医療事務講座では、使うテキストがその分野の第一人者の先生によって書かれたもの。また、しっかりとした先生が書いているので、学ぶべき内容も分かりやすく、しっかりと網羅されています。また、テキストは短期間で効率よく学べるカリキュラムに沿って作られています。

また、がくぶんでは実務に役立つ力も身につきます。
例えば、カルテについてはカルテの見本を使った指導がありますし、レセプトの作成についてもしっかりと学べます。そのほか、テキストのみでの受講が不安なかたには、より理解が進むようにDVD付きのコースもあります。ただし、DVDの有無にかかわらず、どちらのコースでも学ぶべき範囲はしっかりと勉強することができるので、安心して勉強してくださいね。

A自分が疑問を持ったときにそれを解決できる制度が整っている
がくぶんではあなた専任の講師が質問に答えてくれます。あなたのちょっとした疑問にも丁寧に答えてくれます。これは通学制のスクールでも同じですが、何か分からないときは自分から聞かなければ先生は気づいてくれません。ですから、何か疑問があったときは気兼ねせずにどんどん先生に質問してください。がくぶんではさまざまなフォロー体制で、あなたをサポートしてくれます。

B資格を取ったあとに就職のサポートをしてくれる
これが一番重要です。がくぶんは日本医療事務センター(NIC)という、大手医療機関と提携しています、こちらの医療機関が、資格取得後のあなたの就業をバックアップしてくれます!

ですから、がくぶんでしたら資格を取った後の、お仕事につけるかどうかの心配はいりません!
日本医療事務センター(NIC)は医療に関する人材派遣サービスをしている大手医療機関です。こちらへのスタッフ登録や、就業マニュアルの提供もしてくれます。

資料請求をしましょう! がくぶん「医療事務講座」

それではさっそくがくぶん「医療事務講座」の資料請求をしましょう。

資料請求をした際に確認をして欲しいのは、一点だけ。
あなたが、楽しんで医療事務の勉強をしていけそうかどうか」です。
がくぶんの「医療事務講座」は抜群のサポート体制ですので、もし医療事務講座を始めるのなら絶対にこちらをおすすめします!

資料請求の結果、あなたが合わないと感じれば仕方ありませんが、きっと満足いただけると思います。絶対、資料請求をしたほうがいいです。

きっとあなたにとって、新しいことを始める大きな一歩となります(*^_^*)
★★がくぶん「医療事務講座」★★

★仕事に直結する資格&技能

         
▲このページのトップに戻る