家でできる仕事 「賞状書士」














あなたは賞状書士というお仕事をご存知ですか?
通信教育のTVCMやチラシなどで見たことのある方も多いと思います。
賞状書士とは簡単に言うと、賞状や感謝状等を書くことで 収入を得るお仕事です。

賞状書士のお仕事
賞状書士の仕事は「賞状や感謝状を 美しい文字で書くこと」というイメージが強いのですが、それだけではありません。
賞状や感謝状の他に、招待状の宛名書き、お祝いののし書き、金封の表書きに表札などがあります。賞状書士の仕事は世の中のたくさんのところで必要とされています。

また、仕事の依頼元も幅広く、官公庁から一般企業、デパート・スーパー、印刷会社、イベント会社、学校、団体、ホテルなど、幅広い分野からの依頼があります。

賞状書士になるために学ぶこと
賞状書士になるために大事なことは、たしかに「綺麗な文字が書けること」ですが、
それだけでは幅広いお仕事に対応できません。まずは、ひらがな・カタカナの書き方を筆頭に、専門用語の書き方バランスの取り方などを学んでいきます。

また、肝心の文字の書き方は独学よりもプロの先生に学ぶことをオススメします。
独学では自分のクセになかなか気がつけず、練習に行き詰ってしまうこともあります。
しかし、プロの先生がついていれば、あなたはご自分の足りないところを効率よく知ることができ、その結果、早い段階で美しい文字を書けるようになるでしょう。

賞状書士の技能 オススメの学び方
賞状書士の技能を学ぶには、やはりプロの先生についてもらいましょう。そのほうが成長の進度が確実に早いからです。また、きちんと正しい文字を書けるようにもなります。

プロの先生を探すのには口コミを基にするのがよいのですが、なかなかそういった先生は見つかりにくいです。その上、そういったプロの方はお忙しいために 丁寧な指導を受けることが難しくなってしまいます。そこで、オススメなのは通信講座です。

通信講座で賞状書士技能を身につける
「通信講座でプロの先生に学べるのか」と不安に思う方もいらっしゃると思いますが、
通信講座では実務経験が豊富なプロによる添削指導が受けられます。
添削指導では、実際にあなたが書いた作品に講師から朱筆を入れてもらい、
その添削を見返すことで、あなたはご自身の字の欠点に気がつくことができます。そして復習をして練習を重ねることで、あなたは確実に技能を伸ばしていくことができます。

賞状書士技能を学べるオススメの通信講座
こちらの通信講座では 費用が8ヶ月の指導期間で、
教材のみコースだと約33,000円、教材+用具がセットになったコースだと約40,000円です。
月々の費用に換算すると、教材のみのコースは約4125円、教材+用具がセットのコースは約5000円です。とてもお安いですよね!

また、こちらの通信講座では入会金や教材代がかかりません。教室に通う交通費もかかりませんし、あなたのご都合のよい時間に学んでいくことができます。

コースを迷われる方はどちらでも構いません。あなたのお好きな方を選びましょう!
もし費用を抑えたいと思われるのなら、教材のみのコースを選び、ご自分で安価な筆やすずり、墨を準備しましょう。これらの用具は文房具屋さんやデパートなどで手に入ります。

ちなみにこちらの講座は受講期間を無料で延長することも可能です。

無料の資料請求
こちらに無料資料請求の申し込みフォームがあります。
賞状書士のお仕事は賞状1枚の筆耕(写字や清書をすること)で2000〜5000円の収入を得ることができます。とても魅力的な収入ですよね!
練習を積み重ねていくことで、受講費用の元を取れる日も早いかもしれません!

まずは資料請求をしてみてくださいね。
あなたの安定した収入につながります!

→オススメの賞状書士養成講座 詳細はこちら
☆「賞状書士養成講座」☆
▲このページのトップに戻る