家でできる仕事「さし絵ライター」

あなたはさし絵ライターという職をご存知ですか?
この名前は知らなくても、なんとなくイメージの湧く方が多いのではないでしょうか。
さし絵とは 新聞や書籍などの文章中で、読者の理解を助けるために入れられるのこと。
さし絵を描く さし絵ライターは、今その需要が 出版・広告業界を中心に高まっているんです。

さし絵ライターの仕事
さし絵ライターの仕事は、本や雑誌の中で添えられる5〜10cm四方のさし絵、
いわゆる「カット画」を描くこと。
カット画はイラストほど難しくなく、楽しんでできる在宅ワークの一つです。

仕事の受け方
さし絵ライターの仕事の受け方は大きく分けて2つあります。
1つはさし絵制作を専門に受注する人材登録会社への登録、もう1つはフリー(個人)です。

人材登録会社への登録をした場合は、その会社から下請けの仕事をもらうことで仕事が発生します。それに対して、個人のさし絵ライターでは、既存(リピーター)のお客さんやHP経由(その人が立ち上げているHP)でのお客さんが多いようです。
その他、実際に企業に売り込みにいくことも、お客さんを得るのに有効な営業方法です。

さし絵ライターになるために学ぶこと
さし絵ライターとして収入を得るには、上の2つの方法がありました。
しかし、何の資格や経験もない状態で 仕事をもらうことはできません。

まずは6ヶ月間ほど学びましょう。
ある通信講座では、講座の修了後に特定の技能認定試験を合格することで、
さし絵制作を専門に受注する人材登録会社に 登録できる資格が与えられます。
ですので、まずは学ぶことが始まりです!
さし絵ライターの仕事は5〜10cm四方のカット1点で4,0005,000円相当のお金をもらえます。

通信講座で学ぶこと
まず、さし絵の勉強を始める際には道具を揃えましょう。
水彩絵の具にポスターカラー、数種類の筆(平筆や丸筆、細筆、面相筆)にパレットやドローイングペン、トレーシングペーパーに水彩画用紙等も必要となります。
さし絵制作を始めるにはこういった道具が必要となります。

テキストではまず、描きうつし練習や〇△□を応用したレッスンから始まり、
楽しみながら着実に技術を身に付けていくことができます。

また、プロのさし絵ライターによるあなたのためだけの添削指導が受けられるので、きっと成長のスピードは速いはずです。

費用については8ヶ月で約7万円ですが、こちらの通信講座では入会金、教材費用がかかりません。その上、先ほど挙げたようなさし絵制作に必要な道具がセットになっています。
また、受講期間を6ヶ月無料で延長することも可能ですので、
教材だけでなく値段にも満足して、学習を始めることができますね。

総合的に考えて、さし絵を学ぶにはこちらの講座がおススメです(他のスクール等よりもずっとお得です)。

無料の資料請求
こちらに無料資料請求の申し込みフォームがあります。
さし絵ライターの仕事が1つのカット画で4,000〜5,000円の収入というのは本当に魅力的ですよね。受講費用の元を取れるのも早いかもしれません!

まずは資料請求をしてみてくださいね。
今後のあなたの楽しい収入につながります!

→オススメのテープライター通信講座 詳細はこちら
☆さし絵ライター講座☆

▲このページのトップに戻る