家でできる仕事「テープライター」

あなたはテープライターという職をご存知ですか?
通信教育のチラシなどで見たことのある方も多いと思います。
録音された音声を聞いて、それを文字に起こす仕事です。

テープライターの仕事
テープライターで頼まれる仕事は
対談や取材、講演や会議などの音声文字にすること。

依頼人から受け取った録音物(テープやCD、音声ファイルなど)を基に、
パソコンでタイピングをして、音声を文字にしていきます。

仕事の受け方
テープライターの仕事の受け方は大きく分けて2つあります。
1つはテープ起こし会社への登録、もう1つはフリー(個人)です。

テープ起こし会社への登録をした場合は、その会社から下請けの仕事をもらうことで仕事が発生します。
それに対して、個人のテープライターでは、既存(リピーター)のお客さんやHP経由(その人が立ち上げているHP)でのお客さんが多いようです。
その他、印刷会社や出版社に対してDMを出すなどの営業も、お客さんを得るために有効な営業方法です。

テープライターに必要なこと
テープライターに必要なのはブラインドタッチだけではありません。
以下のようなことが必要となります。
  • パソコンの基礎知識 (パソコンで入力作業を行い、データのやり取りをします)
  • 文字の入力速度
  • 語彙力
  • 言葉を正確に聞き取り、文章に正しく書き表すこと
これだけを見ると「テープライター」は難しそうで、
なんだかとっつきにくいものに感じられてしまうかもしれません。

しかし、テープライターの学習をしていけばこういった能力が身につく
ということです。

テープライターになるために学ぶこと

テープライターとして仕事を受けるには、上記の2つの方法がありました。
しかし、何の資格や経験もない状態で仕事を始めることはできません。

まずは3ヶ月から6ヶ月間学びましょう
ある通信講座では、講座の修了後に特定の認定試験を合格することで、テープ起こし会社へ登録する資格が得られます。
まずは学ぶことから始めましょう!
テープ起こしの仕事は60分テープ1本の書き起こしで、平均10,000円から20,000円もらえます。

通信講座で学ぶこと
通信講座では句読点や符号などの基本から、
テープライターのプロとして活躍していくための知識を学んでいきます。

受講中は、実際にテープとヘッドフォン、原稿用紙などを使って学びます。
様々なテーマに関するテープで学ぶので、実際に講座修了後に役立つ力が身につきます。
学習は早い方なら3ヵ月で習得することができます。

費用については6ヶ月で約7万円ですが、こちらの通信講座では入会金や教材代もかかりません。受講期間を6ヶ月無料で延長することも可能です。
費用の面でも満足ですが、こちらの講座は教材充実しています。
総合的に考えてもこちらの講座がおススメです(他のスクールよりもずっとお得です)。

無料の資料請求
こちらに無料資料請求の申し込みフォームがあります。
テープ起こしの仕事が 60分テープ1本の書き起こしで、平均10,000円から20,000円の収入というのは魅力的ですよね。受講費用の元を取れるのも早いかもしれません!

まずは資料請求をしてみてくださいね。
きっと今後のあなたの収入につながります!

→オススメのテープライター通信講座 詳細はこちら
☆「テープライター養成講座」☆



▲このページのトップに戻る